1.事故後に被害者・遺族が遭遇する状況

交通事故の被害者・遺族となってしまった私達は、事故の原因・真相がどのようなものであったかを当事者でありながら知ることが出来ません。それは、不幸にも亡くなってしまったり重度の障害を被って、事実を伝える術も無くなってしまった家族から真相を聞けないばかりか、加害者はもとより捜査機関からの詳しい説明を受けることもないからです。
交通事故の被害当事者となってしまった時、私達は事故の態様とその重大な結果から、公正な捜査のもとに起訴処分がなされ、公判で真相が明らかにされると信じて疑いません。しかし、多くの事故が被害当事者の知らないところで不起訴となったり、たとえ起訴されて公判になったとしても被害当事者は傍観するだけで、加害者の一方的な証言に基づく事故調書だけが証拠とされて、真相とはかけ離れた「事実」で裁かれることが多いのです。
大切な家族の命を失った悲しみと苦しみに暮れる遺族や被害者家族は、どのような根拠で起訴・不起訴となったのかの事由さえ知ることが出来ず、事故の真相を知ることが出来ないことで被害者の名誉と尊厳が傷つけられることに、著しい不条理を感じて悩み続けるのです。
2.交通事故被害者・遺族を取り巻く現状

警察および検察庁の捜査機関では、交通事故被害者・遺族に交通事故調書を開示しない理由を刑事訴訟法の第47条「訴訟に関する書類は、公判の開廷前には、これを公にしてはならない。但し、公益上の必要その他の事由があって、相当と認められる場合は、この限りでない。」の条文規定に従っているとしています。
また、交通事故の捜査は警察の専管事項となっており、労災事故や医療事故のように被害者・遺族が証拠を保全することも出来ず、調書を開示しない理由を加害者や目撃者等のプライバシー保護とされることも常です。
しかし一方で、起訴が確定し公判請求をした場合、加害者側だけが公判以前に事故調書を入手出来るばかりか、不都合な証拠については提出を不同意にする権利も担保されています。被害当事者が”せめて公判で真相を”と望んでいても、不同意にされた刑事記録が開示されることはありませんし、不起訴事件に至っては民事訴訟を提起しても、長い時間を経て実況見分調書のみが開示されるという現状となっています。
先頃、法務省から不起訴事件の供述調書等を特定の要件(民事訴訟の裁判所からの要請等)のもとに開示する方針が打ち出されましたが、被害者が膨大な精力を費やして民事訴訟を提起しても、開示の判断を検察官に委ねるという不完全なものとなっています。
このように交通事故の被害当事者は不公正な扱いで処遇され、一方的に真相を知る権利を剥奪されているのです。
3.交通事故調書の早期開示の要請

情報開示請求権と犯罪被害者の権利の確保は、国民が共有すべき最低限の権利です。
警察の捜査のもとで作成される交通事故調書が、検察庁に送致される前の早期の段階で当事者に開示される仕組みは、刑事訴訟法で言う”公益上の必要その他の事由”を侵すものではないはずです。
この仕組みの実現は、予断を持った捜査を監視する役割や捜査の透明性・公平性を確保するという効用があり、刑事裁判と民事裁判とでの事故態様の判断が著しく異なるといった不条理を無くし、裁判の迅速化にも効果があると思われます。
また、欧米諸国では事故後の遺族被害者に対する捜査情報開示が日本に比べ大幅に進んでおり、事故レポートとして事故発生から2週間程で開示される国もあります。これらは被害者・遺族にとって当然の権利であることに基づいているのです。
以上をふまえて、被害当事者に対して交通事故調書を早期に開示することを強く求めます。

 

事故しないように

やはり、事故はしないように気をつけるしかないですね。いくら気をつけていても、相手からといった事もあるので、絶対に防げるわけではないんですが、少なからず自身が気をつけていれば事故する確率も減ると思います。

一つ間違えると命を落としてしまう可能性があるので、本当に気をつけないといけません。

実は、私は先日車を買ったばかりなんです。運転が上手い方ではないので、事故だけは気をつけなければ。。。

購入した車は軽自動車なんですが、最近の軽って凄く高いんですね。中古車なのに130万円もしました(~_~;)

今日も安全運転で気をつけます!!

ちなみに今から仙台市内にある脱毛サロン(脱毛 仙台)に行くんですが、私が通っているサロンは駐車場がすごく狭くて。。。

毎回、ちゃんと駐車できるかドキドキです。買ったばかりの車なんで絶対に当てないようにしなければ!